ニュース

西川慶二 死因はがん?病気の病名は!?死去された原因について。

 

西川慶二(にしかわ けいじ)八段(60歳)が死去されたことで将棋界を中心に悲しみが広がっています。

まだ60歳という若さで死去された死因は病気の病名「ガン」だったのでしょうか?癌であれば何がんでステージは3か4?

昨年、病気を理由に療養されていましたが病名やがんの名前やステージなどを考察していきたいと思います。

スポンサーリンク



西川慶二 死去報道

メディアで報道された内容が下記になります↓

引用:デイリースポーツ|2022年1月20日

将棋の西川慶二八段が17日に亡くなったことが20日、分かった。60歳。

 西川八段は東京都出身。賀集正三七段(故人)に弟子入りし、81年11月に四段に昇段。昨年、病気療養を理由に6月30日まで休場すると発表し、休場明け直後の7月1日に引退を発表していた。

 

このように日本将棋連盟が発表したとスポーツ新聞が報じました。

まだ1社しか報道されていません。

そして死因については書かれていません。

まだ60歳なのに何故という思いがあります。

死去された原因は病気や癌だったのかみていきましょう。

スポンサーリンク



西川慶二 死因は病気で病名は何がん?

将棋8段の西川慶二さんが60歳で死去された死因はまだ報道されていませんが昨年から病気で療養されていました。

そして同年の7月に引退を発表していたことを考えるとかなり重い病気であったことがうかがえます。

年齢もまだ60歳ですので完治してからでも将棋の年齢層は高いので十分復帰できたと思われます。

しかし引退を決断されました。

その点から考えると重い病気やガンのステージ3とか4などの余命宣告をされるような病気の可能性が考えらえます。

スポンサーリンク




 

何ガン?

日本人の男性で何がんに患う人が多いのかが分かるデータ表が専門サイトで見つけることができます。

西川慶二 死因がん

引用元:がんの部位別統計 | 日本対がん協会

これを見ると2020年のデータでは

1位が「肺」
2位が「胃」
3位が「大腸」

となっています。

西川慶二さんがたばこを吸うような喫煙者であれば「肺がん」の可能性が高いといえるのかもしれません。

また食生活の乱れから「胃がん」や「大腸ガン」の可能性もあります。

将棋を引退してしまったことや療養してからまだ1年程度しか経過していないことから考えるとステージ4でいろいろな臓器に転移してしまった可能性もあります。

いずれにせよガンや病気は早期発見がかなり大事になってきます。

仕事が忙しい男性の方は年に1回は必ず健康診断や人間ドックを受信して身体のメンテナンスをしていく必要があると思います。

スポンサーリンク



西川慶二 死因まとめ

西川慶二八段がまだ60才の若さで死去された原因は病気のがんの可能性が高いと思われます。

昨年から病気療養してたった1年で死去につながってしまう怖い病気といえばガンしかないでしょう。

そして男性でもっとも多いガンが「肺がん」「胃がん」「大腸癌」となっています。

西川八段もこのどれかのガンのステージ4にまでなっていた可能性があると考えられます。

よって2021年7月には引退したのだと思います。

このことから考えてもガンが発見されるのが遅かったとも思えます。

やはり日ごろから健康管理もしっかりとして体の不調があれば病院で診察して早期発見、早期治療をしていくことが大事であるとも思えます。

次に見ておきたい記事はこちらです↓

EXILE ATSUSHIの現在がヤバい!肺炎で歌手引退?

スポンサーリンク



コメント