ニュース

モーニングショー 迷子の親子(子供と父親)の顔画像を放送した理由【テレ朝4月8日】

 

テレビ朝日の「モーニングショー」がやらかしてしまいましたね。
4月8日に放送された花見会場で迷子の親子(子供と父親)の顔画像を出してしまったのです。
原因は何だったのでしょうか?見ていきましょう。

モーニングショー 迷子の親子(子供と父親)の顔画像を放送した理由

 

「顔出し出演可」の約束をしていなかった

そもそも顔や個人情報って、テレビ局側から「どうしますか?」と確認するべきじゃないのか?
「顔出し拒否の約束はしていない(から顔出しで映像を使った我々に落ち度はない)」ではなく、「顔出し出演可」の約束をしてから初めて顔出し使用するべき。

というか、昔の映像を再利用する際、当時は顔出ていたであろう見切れている周囲の人々にモザイクがかかっているのって、今更個人の特定ができず顔出し許可を得られないからモザイクしてるんじゃないんかい?

 

確認しなかったテレ朝が悪い

特に子供の顔だしの場合局側から親御さんに出しても良いか聞くのが鉄則ではないでしょうか。
それもせずお父さんからそんな話聞いてないかの社内調査って。
なぜ誰も許可してもらえるか聞かなかったのかの調査ならわかりますが。

社の対応にびっくりです。

お父さんがスタッフに希望したかどうかの以前の問題だと思います。

スポンサーリンク



 

顔を出すのが原則という考え方

顔を出すのが原則という考え方で番組作りをしているからこうなるんだろう。映さない約束が確認できなかったということなら、映してもいいという許可も確認できなかったのではないだろうか。
一般の取材協力者については顔出しの明示的な許可を取るように取材方法を変えない限り、いつまでも言った言わないの議論が起こりうると思う。

 

番組側から顔出しの許可を得るのが筋

約束はなかったとか以前に、番組側から顔出しの許可を申し出て回答を得るのが筋ではないのかな。
顔を映さない約束は確認していないって、結構曖昧な言葉だし、調査不足で約束の記録を確認してないのか、そもそもそういった許可すら行ってないから約束の記録自体存在しないのか分からないが、相手からの申し出がなければ放送しても良いって言うのはあまりに都合良く捉えすぎだろうし、取材時の取材を受ける側への対応のあり方というのはもう一度、各局がガバナンスを徹底した方が良いと思う

 

一般人へのアポなし取材は必ず顔を隠すというルールで統一したほうがいい

「顔を映さないという約束は確認できませんでした」って考えようによってはずいぶんな言い方だと思う。「我々はそんな約束した覚えないけど、批判を受けたので謝ります」という意味に受け取られても仕方がないし、場合によっては苦情を申し入れた取材対象者に「本当は約束していないんじゃないか」などと批判が向きかねない。そもそも口約束ベースで交渉せずに、事前に用意した書面にサインしてもらう、一筆書いてもらう、許可を取って音声か映像に残しておくなど、後から確認できる方法はいくらでもあったはずだ。そうした対策が一切できないのであれば、素人へのアポなし取材は必ず顔を隠すというルールで統一したほうがいい。

 

メディアはお詫びの放送をするだけで終わっている

こういうことをした時、メディアはお詫びの放送をするだけで終わっているような気がするのですが、それはやったことの責任をとっているのでしょうか。
政治家は、責任をとって辞職するといった行動を取っていますが、これも責任は取っていないと思います。しかしメディアはこれよりも酷くて、お詫びだけで終わってるのではないでしょうか。
メディアによる問題についての責任を、もう少し真剣に考えて欲しいと思います。

スポンサーリンク



 

取材時の顔出しOKかどうか書面で残しておくべき

担当者は怒られたり責任を取ったりしたくないから、自分に都合の良いことしか言わないでしょう。
取材交渉時からカメラを回してどういうやり取りがあったのか記録しておけば良かったのに。言った言わないの水掛け論になるだけ。

これからは、どの局でもYouTubeでも、取材時に顔出しOKかどうか個人情報をどこまで公表するのか等の細かいことを書面で残しお互いが保管するようにしたら良い。

 

ギャラはない

経緯は藪の中ですが、事実として花見の混雑した中で、子供を迷子にするような親なわけです。
常識的には、親から離れないよう言い含めるなど、きちんと準備をして出かけるわけです。
それができなかった人たちへの口約束など危険極まりない。
顔出ししたのに、ギャラはないのか?なんてことを言い出す可能性もある訳ですから、制作サイドも身を守るために、きちんと書面に残すべきですね!

 

放送の承諾許可書

昔テレビに出てもらうべく街頭で声かける仕事をやったことあるけど、
その時は応じてくれた人には、ちゃんと住所氏名電話番号もらって放送の承諾許可書取ってました。
後から「流さないでくれ」って言ってくる人もいて、どなたかわからなくなってしまうと最悪全部使えなくなってしまうので。

でもこの反論の仕方は、少なくとも書類は何もないってことですね。
だとしたら圧倒的にテレ朝の分が悪いし、端的に「放送の許諾を明確に頂いていませんでした」とすべきだったと思います。

 

街頭インタビューも都合よく切り取る

街頭インタビューなんかもそうだけどテレビはなんでも都合よく切り取るので受ける時は注意した方がいいと思います。
先日有楽町でインタビューを受けたのですが質問の仕方がなんか誘導的で不信感を覚えました。もちろん注意事項や諸々の同意の確認もありませんでした。取材を受ける時点で全て同意とみなされるんですね。
結局放送はされなかったのですが…

スポンサーリンク



コメント

スポンサーリンク
error: Content is protected !!