ニュース

大谷翔平の嫁:真美子 夫人会がヤバい【ドジャース】

 
昔メジャーの選手は離婚率が高いと言われていた時期もあったようだしね。特に70年代あたりは女性の地位向上もあったりして発言力も出てきたし、シーズンの半分はロードに出て連戦も多く、家にいる時間も限られていたし、まだ今のように高級取りでは無いからオフシーズンに働らくとか家計も色々だったようだからね。
そう言う時代もあったから、契約に家族への特約条項をいれたりするようにもなったり、立場を共有する目的で夫人同士の繋がりも重視するようになってきたのだろうけどね。

 
米国内のプライベートジェット程度の支払いに、大谷選手も奥様は重圧なんて感じてないのでは。
寧ろチームの為に率先して手を上げてくれそう。
それよりも、大谷選手の新会社の飲食事業の方が心配かな。
1日の大半をベストな野球をする為にタイムマネジメントしていることで有名な大谷選手ですから、飲食店事の経営自体はは社員任せるのかもしれないけれど、先日の一件もあったばかりですから、自分で把握出来ない飲食店ビジネスはリスクが高そうだなと思ってしまいました。

 
いくら金持ちだからといって、湯水のようにお金を遣うのは感心しない。スポーツ選手生命は短いのだから、長い人生設計を考えて!! 
また、「二度あることは三度ある」から、大谷翔平のお金への無頓着ぶりや巨額の収入につけ込む人物がいるかもしれないと注意して!!

 
年俸ナンバーワンになったからこそ
見栄を張らずに
出すとこには出す、締めるとこは締める方式でやるのが大谷流で牽引できるのだから
見栄や体裁で大変な思いをしてる他の奥様会に新しい風がふいてちょうど良い

 
真美子さんは夫人会大変そうだけどちゃんと翔平チームで支えてくれていると信じます 自分なら少々嫌ですが奥様達との付き合いも大事 ドジャースの一員に溶け込める事大谷選手のさらなる飛躍を期待

 
日本人には、ちょっと馴染みのないノブレスオブリージュ。アメリカには貴族階級が無いけれど、その分、富豪と言える資産家層が自由主義経済の申し子として君臨するのだが、彼等が謂わば欧州でいうところの〝貴族〟にあたる。移民が作った合衆国だが、「持たざる者」から「持てる者」に立場が変われば、自然と社会的な役割や義務も変化する。多くを持つようになった者は、かつて己がそうであったような社会的弱者を救済し、その生活が立ち行くよう手助けをする事が、自他共に認める当然の責務となる。
 表層だけをみれば、派手派手しいだけの押し売りボランティアに捉えられがちでも、自身の知名度や存在感を最大限利用し、自身の持ち得る力以上を発揮できる決して一過性ではない長く続く救済手段に、是も非もないだろうと考える。ただ否定する、或いは揶揄する人々は、勿論それ以上の崇高な奉仕的精神を持っているのだろうし、実行力もあるのだろう。

 
プライベートジェットは一番収入のある人が負担、すごいルールですね。
そんなもの知るかでしょう。
なら自分だけのジェットを用意したほうが遥かに安く、好きなように使えるとさえ思えます。
他の方も、お金持っている人におんぶにだっこでは話にならない、それではやっていること自体、大して水原と変わらないだけで、それが表なのか裏なのかだけにしか見えない。
アメリカはもっと個人主義なのかと思っていましたが、これでは日本のような他人の顔色ばかり気にして、右に倣えと一緒です。
しかしそうしないと爪はじきにされるのか?選手あっての野球ですから、奥様がどうなのは二の次な気もしますが。

 
サラリーマンの年収を500万円とすると、大谷選手のスポンサー収入の年100億円は庶民の年収の2000倍になります。
庶民の100万円は大谷選手にとって500円ということです。
例えば大型のプライベートジェットで東京→ニューヨーク→東京を飛んだ場合のチャーター費用6,000万円は大谷選手にとっては3万円です。
スポンサー収入だけでこれですから要らぬ心配です。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/866a079ffc9663218c4c0d38cc06513a33d5a67f

スポンサーリンク



ドジャースの夫人会

メディアで報道された内容が下記になります↓

「水原一平容疑者(39)の訴状により、’18年から3年間、大谷翔平選手(29)は口座にアクセスしていなかったことが判明しました。

さらに先日、盗まれた金額を上回る約27億の別荘購入も報じられました。出費が重なるなか、妻・真美子さん(27)としては、財布の紐をきつく締めたいところでしょうね」(在米ジャーナリスト)

節約中の彼女に立ちはだかる最も高い壁は、3月から参加しているドジャースの夫人会だ。

元“メジャー妻”・田口恵美子さん(58)いわく、敵地で試合を観る際、夫人会で「プライベートジェット」をチャーターするという。

「支払いが心配になったんですけど、お金を持ってる人が出せばいいんじゃない、という感覚なんです。(中略)数百万くらいかかってたんですが、さすがに私には請求は来なかった」(『ミヤネ屋』日本テレビ系、’24年3月7日放送)

夫人会には、お金のある人が経費を全額払うという暗黙の了解があるのだ。

「MLBの年収ランキング1位の“スター妻”として、真美子さんにも支払いの重圧がかかることでしょう」(スポーツ紙記者)

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/866a079ffc9663218c4c0d38cc06513a33d5a67f

【芸能雑学ネタ】
芸能人のテレビ出演料ギャラ一覧トップ100
男性有名人のCMギャラ一覧(大谷選手やキムタク等)
女子アナのCMギャラ一覧
女性芸能人のCMギャラ一覧トップ34
女性アスリートのCMギャラ一覧
2022年版女性有名人のCMギャラ一覧トップ84
芸能人の貯金・資産多いランキングトップ10

スポンサーリンク


コメント

スポンサーリンク
error: Content is protected !!